スキル・キャリア・自己啓発

【感想】田村淳著「即動力」を見て、人生を2倍楽しもう

こんにちは、朝比奈です。

本日は、ロンドンブーツの田村淳さんの本「即動力」を紹介します。

副業を解禁する企業が増えているで、多くの方が副業を意識し始めていると思います。でも、どうしたらいいのかわからずに動けずにいる方は多いのではないでしょうか。

そんな方に「即動力」は最適だと思ったので紹介します。特に気になったところを挙げましたのでぜひ、参考にしてください。

 

アマゾンの内容紹介から一部引用

「同調圧力のつよい日本で人と違う生き方をするのは勇気のいること。そんな社会のなかで、「みんなと一緒」を嫌い、あえて空気を読まず、本質を突いた発言を続けるロンブー田村淳氏。なぜ、彼は「芸人」の枠にはまらず、自由に生きられるのか。そこには、「即動力」という行動原理があった」

法学に目覚めた瞬間

「ルールの範囲がわかったら、自分が動き回れる場所が明確に見える。あいまいな情報や知識だと、全速力で走れない。こうして、「法学を学びたい!」という、衝動にも似た思いに駆られたのです。」P19

誰しもが「学生時代にもっと勉強しておけば…」「若い頃にやっておけば…」と思うはずです。

でも、そこから実際に行動に移す人はほとんどいません。みんなそれっぽい理由をつけてやろうとしないんですよね。

そう考えると、やはり、すぐに行動に移すことができる著者はすごいなと思いますし、だから芸能界でも売れたんだろうなと思います。

結局、どの世界も考えている人はたくさんいますが、実際に動いてやろうとしません。

だから、すぐに動ける人は評価されるし、結果的にチャンスをもぎとれるんです。

慎重になるのもいいですが、まずは動いてみることを大事にしたいですね。

起業家はテレビタレント

「芸能界は週刊誌やSNSで、国民から監視されるようになった。もはやかつての輝きはない。だから僕が起業家たちに興味を持ったのは、時代の必然だったのかもしれない。」P67

僕は芸能界のことを知りません。だから、詳しいことはわかりませんが、現在の芸能界はやりづらいんだろうなと思います。

だって、こんだけ常識が求められるようになって、ミスが許されない世界ですからね。
そりゃあ、普通に考えたらやりづらいと思います。

特に、中堅からベテランの人たちは可哀相だなと思ってしまいます。なぜなら、彼らが憧れて入った世界とは大きく変わってしまっているから。

おそらく、彼らはもっと自由でおもしろい世界だと思って芸能界という世界に入ったはずです。

でも、その芸能界もこんなに変わってしまった。

だから、「こんな風になるなんて聞いてなかったぞ!」と思っている方は多いんじゃないかなと思います。

間違いなく、僕ならそう思ってますね。

満員電車で幸せですか?

「幸せの価値なんて、ひとつじゃありません。いろんな選択を探るべきです。満員電車に揺られ、行きたくもない会社に行く。たしかにそこでお金はもらえるかもしれないけど、あなたの幸せの価値は本当に満たされるのか?」P91

冷静に考えてみると、じゃないといけないものってないと思うんですよね。

住むのだって別に東京じゃなくていいし、なんなら日本じゃなくてもいい。お金だって、ないならないで無くても平気なところを探せばいくらでもあります。

忙しい日々を過ごしていて、同調圧力の強い国に生きているので、僕らは自分にとって何が幸せなのかをよく知りません。

今の生活に幸せを感じることができているのならいいですが、そうじゃないなら一度立ち止まって考えてみることも大事だと思います。

決して長くはないですが、短くもない人生です。一度、よく考えて自分なりの幸せを考えてみるといいかもしれませんね。

なぜ一歩を踏み出さないの?

「今は、BASEやメルカリで何でも売ることができる。お金がなければ、クラウドファンディングで資金を募ることもできる。趣味がお金に変わる可能性だってある。」P98

昔ならアイデアがあってもできないなんてことはたくさんあったと思います。

でも、今はどうでしょう?

アイデアを形にするツールはたくさんあります。だから、その気になれば、この瞬間にでも始めることだってできます。

だから今の時代、言い訳ができないんです。

ビジネスで言うなら悩むのってほんと無駄です。それならとにかく動いて動きまくる。
そして、その中で修正していく。これが大事です。

一歩踏み出せる人間は少ないですが、一歩踏み出せる人間が勝てる時代だと思いますね。

他人の評価は気にしない

「じゃあどういう人が、他人の人生に干渉してくるのか。それは、自分が満たされていない人。満たされていないから、自分の芯がない。芯がないから、他人の評価だけが気になる。」P194

ネット社会で生きているといろんな意見やコメントが飛んできます。それもプラスなものばかりではなく、マイナスなものまで飛んできます。

真面目な人はマイナスなコメントにも耳を傾けてしまいがちですが、そんなことしていたら行動ができなくなってしまいます。

それに経験上思うんですが、マイナスな意見やコメントって参考にならないことが多いんですよね。

なぜなら、ほとんどが嫉妬からきているものだからです。だから、気にしなくて問題ありません。

ただ、それがほんとに身近な相手なら話は別です。あなたのことを思って言ってくれるでしょうからちゃんと聞くべきですね。

どうしてもネット社会に生きていると、他人の評価が気になってしまいがちです。

でも、他人の評価なんて気にしていたら何もできないし、つまらない生き方になってしまいます。

とにかく動けるヤツが勝てる時代、活躍できる時代だと思うので、他人の評価なんて気にしないで生きていけばいいと思いますよ。

二兎を追う者、もっと得る

「野球選手を目指しながら、株のトレーダーを目指したっていい。大工の腕を磨きながらパティシエを目指したっていい。人間、どんな才能が開花するかわからない。だから何兎でも追うべきなんです。」P223

以前までは何か一つのことを突き詰めてやっていくのが良しとされていました。でも、今は時代がものすごい勢いで変化しています。

それ以外にも、これからは一日でも長く働くことが求められます。

そんな時代を生きているわけですから一つのことだけをやるなんてことは非常に難しいんですよね。

だから、「これだけをやる!」と決めるのではなくて、いろいろやってみる。やったなかでおもしろいと思ったものを続ければいいし、違うと思ったならやめればいいんです。

これからの時代は一つのことで100点を目指す必要はありません。それよりも70点ぐらいのものを複数持っている人が活躍する時代です。

どこに才能があるかわからないので、どんどんチャレンジしてみるべきだと思いますね。

感想

現代は、何が正解で何が正解じゃないのかがわかりにくい時代です。

昭和や平成の頃なら国や会社、会社の上司の言うことを聞いていれば、人生安泰でした。

でも、今は誰も正解がわからないし、誰も責任を取ってくれません。

だから、自分で自分なりの正解を見つけないといけない。そんな時に大事になるのがすぐに動いて試してみることです。

とはいっても、すぐ動ける人は少ないです。

特に日本人は少ないと思います。だから、動けるヤツは失敗もたくさんするけど、チャンスもたくさん訪れます。

令和はどんどん動いて、チャンレジしていきたいですね。

 

本日紹介した書籍情報

【書籍名】「即動力」

【著者名】「田村 淳」

【出版社】「SBクリエイティブ」

【出版日】「2018/11/6」

【頁数】 「208ページ」

▼無料プレゼントキャンペーンはこちら▼

個人ビジネスの教科書
こちらの記事もおすすめ!
「個人ビジネスの教科書」の無料プレゼントキャンペーン中!
今すぐ無料で受け取る
「個人ビジネスの教科書」を無料プレゼント中!
今すぐ無料で受け取る