スキル・キャリア・自己啓発

【要約】舩井幸雄著「法則」上手に生きるためのルールとコツを知ろう

こんにちは、朝比奈です。

本日は、舩井幸雄さんの著書「法則」こちらを要約していきます。

この本を読むと何が学べるかですが、「法則」を読めば、上手に生きるためのルールとコツが学べます。

特に読むべき箇所を3つ紹介しますのでぜひ、参考にしてみてください。

要点

要点は、3つです。

要点1 トップに必要な資質は何か。たどりついたのが、次の三つの条件だったのです。1.素直 2.プラス発送 3.勉強好き

要点2 好きなこと、得意なこと、興味あることなら、人はおのずとあきらめずに続けてやるし、深く打ち込んでやります。その継続力や探究心が人を成功へと近づけるのです。

要点3 どのような組織体であれ、また、その組織体がどのような状況にあれ、トップに有能な人間を得れば、その組織体は発展の道をたしかな足取りで進むでしょう。逆に、もし無能な人間をトップにすえれば、その組織体は衰退の道をたどることになるでしょう。

要点1 成功の三条件

著者は、「法則」の中で度々、企業はトップで決まると書いています。

そして、そのトップの必要な資質として、「素直」「プラス発想」「勉強好き」この三つを挙げていて、この三つのうち一つでも欠けていたらその人物は会社を成長に導くことはないと書いています。

これは今までいろんな人と仕事をしてきた経験から思うことですが、一時的であれば、今挙げた条件を持っていなかったとしても成果を出すことは可能です。

ただ、長期のスパンで見るとやはり、著者が言うように素直で勉強好き、そして、プラス発想の人物じゃないと継続させることができません。

なぜか?

それは、常に世の中が変化しているからです。

世の中が変化している以上、人も変化しないといけません。そして、その変化をし続ける上で大事になってくるのが、成功の三条件に挙げられている三つなのです。

令和は、学び続けることがマストの時代になりました。

勉強好きなのはもちろん、素直であることがより求められる時代だと思います。

要点2 1.好きなこと 2.得意なこと 3.興味あること。この三つに意力を注ごう。

著者は、「趣味を仕事にするのがもっともよい。しかし、それが不可能な場合には、自分の仕事を趣味にしよう」と書いています。

それ以外にも、人生の中で一番多くの時間を費やすのが仕事であり、仕事がつまらないと人生そのものがつまらなくなってしまう、とも書いています。

確かに、趣味を仕事にすることができたら理想です。

ですが、仕事にすることで趣味が嫌いになってしまったり、そもそも、趣味程度でやるぐらいがちょうどよかったなんてこともよくあります。なので、趣味を仕事にすることがいいとは一概には言えません。

じゃあ、著者の言うように今自分がやっている仕事に興味を持ち、好きになって得意なことにすることがいいかというと、違うと思います。

もちろん、できるのなら今やっている仕事を好きになるべきです。

でも、みんながみんなそう好きになれるものでもありません。

では、どうするといいのか?

それは、やっていて苦痛ではないことを選ぶのです。

特別好きなわけではないけど、やっていて苦痛じゃないものってあると思います。そういうものはあなたの武器になり得るものなので得意なこととして、磨いていけばいいのです。

そうすれば、あなたの市場価値は高まりますし、いやいや仕事をするなんてこともなくなります。

著者が書いているように自分の好きなことや今ある仕事を好きになり、大好きな仕事にすることができるのが理想です。ただ、現実はそう思う通りにはいかないはずです。

であれば、まずはやっていて苦痛ではない仕事から始めて、自分の市場価値を高めていく。そして、どこかのタイミングで好きなことを仕事にできないか?と挑戦してみる。これが大事だと思います。

著者が言うように人生の多くの時間を費やす仕事がつまらないと人生がつまらなくなってしまいます。特に、今後は働く期間が伸びるので余計にです。

であれば、少しずつでいいので好きなことや興味のあることを仕事にできないか?と動いてみる。一度で上手くいかなくてもやることで見えるものもあるはずです。

時代の変化が激しい今だからこそ、そういう考え方を始めるべきだと思います。

要点3 組織は、トップ一人で九十九パーセント決まる。

著者は、トップが有能であればその組織は発展するし、逆にトップが無能であれば、その組織は衰退すると書いているのですが、本当にその通りです。

僕は、サッカーが好きでサッカーをよく見るのですが、サッカーも一緒です。

サッカーをよく知らない方だと上手い選手を集めれば、それだけで勝てる強いチームが作れると勘違いしがちです。ですが、実際は出場する選手よりもチームのトップである監督が一番重要で監督次第でどうとでもなります。

ビジネスもスポーツもトップが全てであるということは一緒だなと思いました。

補足

プロローグのところで著者は、「よいことを思えば、よい出来事が起こってくる。よくないことを思えば、よくない結果が現れる。自分の目の前にやってくる現実は、すべて自分の思いが作り出したものなのです」と書いているのですが、本当にその通りだと思います。

引き寄せの法則なんてよく言われますが、本当に良くも悪くも思いは実現します。なので、良いことを思えば、良い出来事が起こるのですが、逆に良くない出来事を思えば、良くない結果になってしまいます。

自分で暗示をかけるかのように良くない出来事ばかりを考えている人っていますが、非常に損だと思います。なので、思いは良くも悪くも実現するということを知る。これは、大事なことだと思いますね。

まとめ

要点1 トップに必要な資質は何か。たどりついたのが、次の三つの条件だったのです。1.素直 2.プラス発送 3.勉強好き

要点2 好きなこと、得意なこと、興味あることなら、人はおのずとあきらめずに続けてやるし、深く打ち込んでやります。その継続力や探究心が人を成功へと近づけるのです。

要点3 どのような組織体であれ、また、その組織体がどのような状況にあれ、トップに有能な人間を得れば、その組織体は発展の道をたしかな足取りで進むでしょう。逆に、もし無能な人間をトップにすえれば、その組織体は衰退の道をたどることになるでしょう。

 

感想

正直言うと、4章は刺さらなかったというか、響きませんでした。

ですが、その他の1〜3章の部分はとても素晴らしい内容で何度も読み返したいと思わせる内容でした。

今回は、三つしか紹介していませんが、その他のところでも有益な内容が書かれているので「面白そうだ!」と思った方は一度読んでみるといいと思います。

タイトルや目次を見ると怪しげで敬遠してしまう方もいると思いますが、良書だと思いますよ。

▼無料プレゼントキャンペーンはこちら▼

個人ビジネスの教科書
こちらの記事もおすすめ!
「個人ビジネスの教科書」の無料プレゼントキャンペーン中!
今すぐ無料で受け取る
「個人ビジネスの教科書」を無料プレゼント中!
今すぐ無料で受け取る